2007年09月27日

Weingut Clemens Busch (Mosel Deutschland)

bientot.gif

土地の特徴:片岩質及び粘土質
主な栽培品種:リースリング
農法:有機農法 剪定方法:鉄線補強等 密度:4500〜6250本/h
樹齢:17〜52歳 生産量:2,5〜50hl 収穫:手摘み
SO2使用量:100〜110mg/l

写真購入又は撮影依頼ご希望の方はこちら


クレメンスとリタのお蔭で、ドイツワインに関する見方が変わった。大体にして、モーゼルがこんなにも素晴らしい場所だとは…。
砕けたと言うよりは薄く剥がれ落ちた岩で埋め尽くされた畑は、下手に歩くと崩れ落ちる。そこをクレメンスとリタは野生の動物の如く、身軽に登って行く。「こんなに凄まじい場所でワインを…」と、それだけでも感動してしまう。撮影する中、剥離した岩をごつい手に取りニッコリ微笑んだクレマンスを見た時、優しさ、秘めた暖かさ、落ち着き、信頼、安心感…、何か全てを見たような気がした。
クレメンス&リタ ブッシュ
posted by マイカ at 08:13| Comment(2) | TrackBack(4) | ワインで乾杯!

2007年09月16日

Ferme de la Sansonniere (Valle de la Loire France)

bientot.gif

土地の特徴:片岩質及び石炭紀系の角礫岩、砂質、粘土質等。
主な栽培品種:グロロー グリ、シュナン
農法:ビオディナミ 剪定方法:ゴブレ 密度:5500〜6000本/h
樹齢:8〜68歳 生産量:8〜40hl 収穫:手摘み
SO2使用量:52〜120mg/l

写真購入又は撮影依頼ご希望の方はこちら


「以前、左官関係の仕事をしていたんだ。しかし、腰を痛めてね。そんなある時、客の一人が支払の代わりにワインのケースをよこしたんだ。それでワインに興味を持つようになったわけ。それから葡萄栽培及び醸造関係の学校へ行ってさ、よく学んだよ。畑でやってはいけないことを全てね!」
 コルシカ系の家計の血を引くエクサン プロヴァンス出身のマーク アンジェリが、ロワールで自然派ワインの代名詞的な存在になるまでの経緯である。その彼のもとで学んだ若者達が、今、続々と独り立ちしている。これからが楽しみだ。そんな可能性を築いてくれたマルクに乾杯!
マルク アンジェリ
posted by マイカ at 07:29| Comment(2) | TrackBack(3) | ワインで乾杯!