2007年10月25日

A.A. Il Paradiso di Manfredi (Toscana Italia)

bientot.gif

土地の特徴:鮮新世代の礫岩質
主な栽培品種:サンジョヴェーゼ グロッソ
農法:自然農法 剪定方法: 密度:本/h
樹齢:27歳 生産量:60〜70hl 収穫:手摘み
SO2使用量:51〜57mg/l

写真購入又は撮影依頼ご希望の方はこちら


何時行っても、歓待してくれる。私達が特別なわけではない。エル ブリのシェフ、アドゥリアン フェランガが訪れた時も同じだったようだ。彼らは、アドゥリアンが誰なのか、全く知らされていなかった。そして結果は…。アドゥリアンが感激し、次に会う人との約束を忘れて長居してしまった、そうである(アドゥリアンを送り込んだ人から聞いた話)。
たった2ヘクタールの畑を「手」で守り、誰も真似のできない心地よい程に優しいブルネーロを造りあげ、傍らでフォルチュナータおばあちゃんが育てた野菜を自家製のオリーブオイルで料理し、供に出してくれる。これ以上の「歓待」はない。
ここには、日本のように食の自給率が40%を切ることはない。「安全性だ、自由だ」などと崇高な論議をする人も、金で済ませられるものは金で済ますと言う人もいない。何処か、私達の理想に近い生き方がある。
パラディーゾ ディ マンフレディ
posted by マイカ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(2) | ワインで乾杯!